くっさママのたかちゃん

アクセスカウンタ

zoom RSS やっと・・・でもまだ・・・!

<<   作成日時 : 2008/10/30 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

今日の伊豆は曇りのち晴れでした。
気温はあまり上がらず寒かったです。

・・・・・ブログを一週間もお休みしてしまいました。
今まで2年ちょっと休まずに続けてきたのが、嘘のようです。
ずっとこの一週間、ブログを書く気持ちになれませんでした。
今でもまだちょっと書いていて手が止まってしまいます。

ちょうど一週間前の10月23日の夜9時頃・・・私は全然元気が出なく変でした。
末っ子も「ママ大丈夫?元気出して・・・」と肩をさすってなぐさめてくれていました。
それでも元気が出ずに、机に顔を伏せているくらいでした。
なんとか元気を取り戻せるかな・・・と思ったときに、電話が掛かってきました。
それはとても悲しい出来事を告げる電話でした。
「おばさんがついさっき息を引き取った。」と・・・、ちょうど私が全然元気が出なかったときだったようです。
何か予感がしていたのかな?
「なんで?どうして?」・・・涙が止まりませんでした。
今でもブログを書いてる手が震えてしまうくらい・・・まだその時のことが鮮明に思い出されます。

おばさんと言っても、主人のおばさんで、私は血のつながりはないです。
でも隣の家に住んでいて、結婚してから16年近く隣で暮らしていたので、思い出がいっぱいあります。
いつもニコニコしていてやさしくて思いやりがあって、人の悪口など言ったことがなく、怒っている姿など見たことがありませんでした。
自分のことより、まず人のことを考えることが出来るすごい人でした。
とても尊敬していました。私もおばさんのようになりたいと思うくらいでした。
大好きでした。子供たちもみんなおばさんが大好きでした。
少しずつ病状が悪くなっていたのは、知っていたのですが、こんなに突然に亡くなってしまうなんて本当にショックでした。
その日から、ブログを書くことが出来なくなってしまいました。
皆さんにはご心配をお掛けしました。
私自身は元気なのですが、心がまだ元気を取り戻せないようです。
・・・今日はお姉ちゃんが修学旅行に行ってしまっていて、家にいないからなおさら寂しいのかもしれません。
コメントのお返事まで、なかなか気持ちがいけなくてすいません。
皆さんのブログにも行きたいのですが、こうして今日のブログを書くことで精一杯でした。
もう少し元気が出たらうかがいたいと思います。・・・すいません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 本当に、「虫の知らせ」というものは、あるのでしょうね…。
 このような事情があったのであれば、ブログを更新する気力がわかなかったのも、仕方ないと思います。
 kussamamatakachanさん自身に何かあったわけではないというのが、個人的には不幸中の幸いかな…と思いました。
 また、更新できるだけの精神状態になってから、やっていけばいいと思いますよ〜!
mark
2008/10/31 19:49
くっさママ
残念です
おばさんとは 何時からの知り合いでしようか
小学校の 事務をしているときだからたぶん7年〜10年前くらいでしょうか?
それから 女性の会で 私が役員をやっていた時も   その役員の終わった後も 母と同じ病院で見かけたときも 家によってくれたときも
その人柄が 好きでした そうなりたい理想でした
本当に薫風のような 人でした
      dear M from M  追悼
高級キノコの母
2008/10/31 22:51
心中お察しします。
大切な人が亡くなると、胸にぽっかり穴が空いたようになりますよね。。。
ブログの更新は、またいずれ。
きむ
2008/11/01 07:54
kussamamaさん、どうしてるのかな〜って思ってたんだけど、そうだったのね…。とっても残念な出来事だけど、そういうすばらしい叔母さんに出会えたことは、幸せなことだったね。これからも、kussamamaさんの心の中で生き続けていくと思う…。ご冥福をお祈りいたします…。
たまちゃん!
2008/11/01 21:44
本当にお悔やみ申し上げます。
kussamamatakachanさんとおばさま、きっと心が通じ合っていらしたのですね。
つらいけれど、愛する方とのお別れの悲しさは、時が癒してくれるのを待つしかないのだと思います。 でも、kussamamatakachanさんのそのお気持ちは、すばらしい御供養になっていることと思います。
心から御冥福をお祈りいたします。
つぼみ
2008/11/02 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
RSS もしもドロップシッピング
やっと・・・でもまだ・・・! くっさママのたかちゃん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる